住宅購入資金の貰い方によっては贈与税が発生する


住宅購入資金の集め方によっては税金がかかることがあるので気を付けましょう。
無駄なお金を払うのは嫌だというのであればしっかりと
何をしたら税金を払わないといけないのかを調べておくようにしてください。

住宅購入資金をもし親から援助してもらうのであれば
それに贈与税という税金が発生してしまう可能性があるので注意しましょう。
これは必ず支払わないといけないというわけではありませんが、
貰う額が大きいと払う必要があるので知らないでは済まされません。

住宅購入資金として援助してもらうだけなのに何で贈与税なんて、と思うかもしれませんが
この「貰う」という部分が問題になっているのです。

スポンサードリンク

貰うのではなく借りる場合は後でお金を返すので贈与ではありません。
なので特に税金がかかることはないのですが、
もし住宅購入資金を全額貰う場合は貰う額によって贈与税が発生します。

税金は必ず支払わないといけないわけではありません。
数万円、数十万円であれば特に税金はかかりませんが、
1500万円以上を超える額を貰うのであれば税務署へ申告をしないといけません。

どれくらい税金がかかるのかは貰う額によって変わるので、
気になる人は貰った額の何%が税金になるのか調べてみてはいかがでしょうか。



posted by 住宅購入 at | 費用や税金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。