住宅購入資金援助と贈与税の関係


住宅購入資金を全て自分で集めるのは難しいという場合は
親などから住宅購入資金を援助してもらうことがあると思います。
それも一つの方法ですし親も援助したいと思っているのであれば
受けるのも良いかと思いますが、この時は少しばかり気を付けないといけません。

住宅購入資金を援助してもらう時は場合によっては贈与税が発生してしまいます。
住宅を買うために援助してもらうだけなのにと思うかもしれませんが、
実際そのように決められているので無視することはできません。

ただ、資金援助の受け取り方によっては贈与税が発生しませんので
無駄な税金を払いたくはないと思っているのであれば
その方法について調べてみるといいかもしれません。

スポンサードリンク

贈与税が発生してしまうのはお金を「貰う」という時です。
その他の方法であれば贈与税を支払う必要はないのですが、
全額貰って返す予定はないという場合は税金が発生してしまいます。

一定の金額以下であれば控除されますが、
それ以上だと税金がかかるのでもし親から住宅購入資金を援助してもらおうと思っているのでしたら
こういったことに気をつけるようにしてみてください。

これらのものにもお金がかかるのは予想外だったと思いますが、
知らないと損をすることになるので十分注意するようにしてくださいね。



posted by 住宅購入 at | 費用や税金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。