住宅購入費用の平均はどれくらい?


将来は住宅を購入したいと思っている人がたくさんいます。
子供が生まれた時のこと考えるといつまでも同じ所には住んでいられません。
なので快適に住むことができるように小さくても自分の家が欲しいものです。
しかし、あまりにも家の価格が高いと手が出せませんよね。

住宅購入費用の平均はどれくらいなのでしょうか?
平均を知っておけば将来住宅購入をする時に参考になりますし、
目標とする貯金額も設定することができるようになります。
ですが購入する住宅や土地によって価格は大きく変化するので気をつけるようにしましょう。

住宅購入費用の平均は一戸建てだと約3,800万円程度と言われています。
マンションの場合でも3,500万円と言われているので決して安くはありません。

スポンサードリンク

また、中古住宅を購入するのか新築を購入するのかによっても価格は変わります。
もし中古でも良いというのであれば新築よりかなり安く購入できるのですが、
中古物件の場合は家によってはかなりのリフォームをしないといけなかったりします。

前に誰かが住んでいたというのが気になるという場合もあるので
人や物件によってはあまりおすすめできないこともあります。

住宅購入費用は物件によって大きく変わりますが、
そこまで高い物件は必要無いというのでしたら上記のような価格が平均的になります。



posted by 住宅購入 at | 費用や税金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。