住宅購入資金贈与について知っておくべきこと


できるなら住宅購入費用は全て自分で集めたいものですよね。
せっかく自分の家を買うのですから誰の力も借りずにいきたいところですが、
場合によっては自分でお金を集めるのが難しくなることもあります。

なので両親などから資金援助してもらうこともあるかと思いますが、
もしこの資金援助を住宅購入資金贈与として受け取るのであれば注意しないといけません。

住宅購入資金贈与として受け取ることの何がいけないのかというと、
資金を援助してもらうこと自体に問題はないのですが
この資金を借りるわけでもなく、共有名義とするわけでもなく
「貰う」という形になると贈与税が発生してしまうかもしれないのです。

スポンサードリンク

住宅購入資金贈与について知らないと予想外の出費になってしまいますが、
知っておけば対策を取ることも可能になります。

もしこの贈与税を払いたくないのであれば貰うという形式ではなく
借りる、または共有名義にするといいかもしれませんよ。

住宅購入資金贈与額が1,500万円前後であれば非課税枠となるので支払う必要は無いのですが、
もしそれ以上貰うのであれば課税対象となるので注意してください。

借りるなどの場合はお金を返す必要があったり所有権が自分だけではなく
親も所有する事になる可能性があるのでこれについても気を付けないといけません。



posted by 住宅購入 at | 費用や税金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。