今後の住宅ローン金利はどうなるの?


現在の住宅ローン金利は低金利と言われています。
金利が低ければ長期間ローンを支払っていても支払い総額はそこまで大きくなりません。
なので、低金利のうちに住宅を購入しようと思っている人もたくさんいますが、
今後の住宅ローン金利はどうなっていくのでしょうか。

今後の住宅ローン金利はその時になってみないと分かりませんが、
多くの人はまだしばらくは低金利の状態が続くと言われています。
何故そう言えるのかというと、将来二段階に分けて消費税が上がると言われています。

なので消費税が今よりももっと上がるとより多くの人が財布のひもを固く結んでしまうようになるので
思うように景気は上がらないとされているからです。
もし景気が上がったとしても金利に大きな影響を与える程のものにはならないとされています。
ですので今後の住宅ローン金利はまだ低金利だろうと言われているのです。

スポンサードリンク

ですがこれはあくまでも予想ですので、
もしかしたら日本の景気がかなり良くなって金利も上昇する可能性もあります。
絶対とは言い切れないのでどちらもあり得ることですが、
現在の状況を見るとまだまだ低金利の状態は続くだろうとされています。

日本の景気が良くなるのは大変喜ばしいことですが
今よりも金利が高くなってしまうことを考えるとまだ喜べない部分もあるかもしれませんね。



posted by 住宅購入 at | ローンについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。