建物の固定資産税評価額はその建物によって違う


建物の固定資産税評価額について考えたことはありますか?
普通に住んでいるだけだったら特に考える事も無いかと思いますが、
処分を検討している人などにはとても重要なものですので知らないのであれば
自分の家の固定資産税評価額を調べてみるといいですよ。

建物の固定資産税評価額は一定ではなくその家によって異なります。
どうやって調べればいいのかというと自分の家などがある地域の役場などに行って
固定資産課税台帳というものを見せてもらってください。
固定資産税係という所に行けば見せてもらえますよ。

建物の固定資産税評価額は一般的には建築費用の約60%から70%が評価額になっているそうです。
毎度毎度見に行くのは面倒だというのであれば
評価証明書というものをもらってくると良いかもしれません。

スポンサードリンク

アパートなどの賃貸物件であっても評価額はあるのですが、
貸家の場合は持ち主の他にも部屋を借りている人がいるため、
勝手に処分したりすることはできませんので注意してください。

自分のものなんだから良いだろうと思うかもしれません。
ですが、部屋を借りている人がいる場合はその人に借家権というものが発生するので
借りている人にもある程度の権利があるんです。

ですのでいくら貸してあげているとは言っても
自分だけの判断でアパートやマンションをどうにかするというのはできません。



posted by 住宅購入 at | 評価額など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。